「ドローンの楽しさ・便利さを全ての人に」
Sky Edge株式会社
10:00~18:00(月〜金)

ドローンスクール受講のメリットとは?

ドローンスクールのメリット。

それは短期間で
国土交通省の承認・許可申請に必要な技術と知識を
得られるということです。

さらにドローンスクール受講後の先に、プロが仕事や業務に必要な技術・知識を得られることがあげられるでしょう。

実際に、ドローンスクール受講にどんなメリットがあるのかをご紹介します。

ドローンスクールをなぜ勧めるのか?

ドローンのライセンスや資格事業を行なっている団体は複数あります。

その中でもJUIDA(=一般社団法人 日本UAS産業振興協会)をオススメします。国土交通省と連携し、改正航空法のガイドライン策定にも貢献し、ドローンの産業活用が進み、私たちがドローンの恩恵を受けられるように活動している団体です。

他団体も同様の活動をしていますが、JUIDAは母体の理念がとてもしっかりしています。

JUIDA認定校の卒業生は「ドローンを安全に運用する開拓者」になってもらいたいと公言しているところも好感が持てますし、その開拓者を本気で育成しようと始めたのがJUIDAの認定スクールなのです。

ドローンの活用が進むためには、安全な運用が不可欠。そのために正しい知識と確かな技術を持ったドローン操縦者が増えていくことが期待されています。

JUIDA認定ドローンスクールの受講は、まさに「正しい知識」と「確かな技術」の基礎をドローン活用を考えている方々に提供します。

ドローンスクールを受けると得られる資格とは?

ドローンを飛ばすこと自体には免許は必要ありません。しかし、ドローンを飛ばせる場所は「人がいない場所」かつ「土地所有者の許可が取れた場所」だけです。

例えば、国立公園内にあるキャンプ場を例にとってみましょう

1 自然環境事務所あるいは各保護管事務所に飛行計画を提出
2 飛行場所によっては林野庁の管轄管理局に入林承認申請書を提出 が必要です。

またその運用については改正航空法の内容に基づき、安全を確保することが必須です。

つまり、改正航空法について正しい知識を持っていることがとても大切で、場合によっては国土交通省の承認・許可申請を取得することも必要になってきます。

承認が必要な事例
・人・モノなどから30m以内の距離での飛行
・目視外飛行
・夜間飛行 など

承認申請を取るためには
屋外の場合、「人がいない場所(人口密度が4,000人/㎢以下)」、「地権者の許可が取れる場所」で10時間以上の飛行が必要になります。または屋内であればどこでも飛ばすことはできます。

この場所探し、必要時間を満たすのがかなりの労力を要します。

そこで、その解決策となるのが、ドローンスクールです。

JUIDAを含め、いくつかの団体のスクールの過程を修了すると
・飛行時間10時間相当の技術
・改正航空法の最低限の知識がある と見なされ、スクール後すぐに承認・許可申請を提出することができます。

ただし、目視外、夜間飛行については
室内で知識と技術を持つ人の指導を受けながら練習し、ある一定以上の飛行時間をクリアする必要があります。

通常のスクールのプログラムだけでは認められないので
自分で場所と指導者を探す、またはそのようなカリキュラムを行なっているスクールや施設で練習をする必要があります。

スクール修了で得られるのは

承認・許可申請の提出ができる資格を取得できる。 ということです。

ですが、これが重要です。この承認・許可申請なくしてドローンの飛行場所・用途はあまりにも限られるからです。

特に仕事でドローンを使いたい方は、人口集中地域で使えるかで活用の幅に大きな差が出てしまいます。

業務でドローン飛行をするなら、「承認・許可申請」は必須も必須と言えるでしょう。

時間と労力を軽減し、申請ができるのがスクールの大きなメリットとなります。

ドローンスクール受講後の先にあるもの

ドローンスクールの基本カリキュラムを修了したとしても、知識、経験、技術は「自動車免許とりたて」と言っても良い状態です。

業務使用を考えた場合、気象条件、環境条件によってより高い技術や知識、準備が必要になってきます。

また業務を容易に行うシステム開発も日進月歩です。

・飛行技術の向上
・新しい知識を学ぶこと
・より便利なシステムの導入や情報収集 はドローンの活用を拡大するためには必須と言えます。

必須にもかかわらず、個人で飛行技術を学ぶ、新しい情報を集めるのは意外と困難です。

そこで、ドローンスクールの中でも、基本カリキュラム後のアフターとして、さらに技術や知識を向上させるプログラムを提供しているところがあります。

・国土交通省の承認・許可申請取得セミナー
・空撮技術向上合宿
・i-Construction導入セミナー
・建物屋根上検査業務セミナー などがあげられるでしょうか。

このようなセミナー等を受講することで、常に最新の技術や知識を得て、業務に活かしていくこと。それがドローンをさらに活用し、業務効率化やローコスト化を図ることに繋がります。

このようなドローンスクールの先にあるものを提供しているスクールもあります。

特に承認・許可申請は最初に超えなければならない壁です。行政書士さんなどに代行で頼むこともできますが、自分でできるようになれば費用は書類の郵送費ぐらいしかかかりません。

SkyEdgeでは様々な申請内容に応じたノウハウを持っています。

承認申請一つをとっても、スクールで必要最低限のスキルを身につけた後、さらにその先を提供してくれるスクールを選ぶというのも大切なことではないかと考えています。

まとめ

ドローンスクールはかなりのペースで増えています。

承認・許可申請を取るだけという目的なら、どこのスクールを選んでも差はないかもしれません。

ですが、特にドローンの事業活用を考えているなら、修了後の先にあるプログラムやアフターフォローを重要視することが、やはり大切だと思います。

またスクール講師が持っている知識や経験、技術も高いスクールが良いでしょう。

実際にそのスクールの運営母体は、「ドローンで何をしているのか」を見ることで判断するしかないのかもしれません。

SkyEdgeではドローンスクールに関する、あらゆる疑問にお答えする用意があります。

ぜひ、ページでの情報を見ていただくとともに、もっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です