「ドローンの楽しさ・便利さを全ての人に」
Sky Edge株式会社
10:00~18:00(月〜金)

航空法〜承認申請とは?

ドローンを飛ばすために必須と言えるのが、航空法下の承認申請取得です。

申請をするための最低条件は10時間の飛行。

私自身の仕事や、依頼を受けて代行申請した経験をみなさんにシェアしたいと思います。

航空法〜承認申請とは?

航空法下では200g以上のドローンは、基本、飛行禁止です。

例外として認められているのが、「人がいないところ」というワケです。

なぜ、基本、「飛行禁止」という言い方をしたかというと、このスタンスに立つと、承認申請の仕組みや、他の法律の関連性も理解しやすいからです。

航空法での飛行禁止場所

航空法での飛行禁止場所には以下の3つがあります

●人口集中地域
●空港、飛行場の近辺
●高度150m以上の空域

人口集中地域について

●航空法における承認申請を取る
●飛行させる場所の地権者の許可を取る(口頭で可)ことで飛行&空撮可能です。

土地の所有権は土地上空の宇宙までと言われているので、上空でも許可が必要です。

なので、私有地はもちろん、国有地や都道府県管理地は全て

その土地の管理者の許可がいると思ってください。

空港周辺及び高度150m以上の空域について

承認申請を取った上で、
該当する空港あるいは最寄りの空港管理事務所の許可が必要です。

空港周辺については許可を取ったとしても厳密な高度制限があります。

それ以外のエリアで高度を150m以上あげる場合には、
飛行させる前に最寄りの航空事務所に、
具体的な飛行日時を示して許可を取る必要があります。

また日本の場合、管制を自衛隊や米軍が行なっている空港もありますので
空港事務所だけでなく、そちらの許可も必要となります。

確かに手間はかかります。
しかし、明確な目的があって、航空法下での承認を取れていれば
無碍に断られることはありません。

それからもう一つ。200g以下のドローンも、高度に関しては規制を受けるということをご存知でしたでしょうか?

200g以下のドローンといえども、ヘリや飛行機などと接触する恐れのある150m以上の高度を飛ばす場合は、
航空法下の手続きはいりませんが、必ず空港事務所の許可を取ってください!

航空法での飛行禁止場所まとめ

ハードル高いなあと思ったかもしれません(笑)

私の場合、環境省、林野庁、河川管理事務所や空港事務所、自衛隊などの担当者と話しましたが、皆さんとても親切でしたよ。

やはり官公庁の方々は、法律の理解があるので話も早いですね。厄介なのは法律やドローンの性能を理解していない方が相手の時。

私自身もあるところの飛行許可を取ろうと連絡をしたところ

「ドローン=悪者」のレッテルを明らかに貼っている方で、それこそ無碍に断られました。

しかも、あからさまに法律の誤った理解をしていて、法律を盾に、「そんなことが許されるワケないだろう!」の勢いでした。

実際のところ、このようなことは起きうると思います。

なぜかって? 「知らないから」です。

なので、私も含め、ドローンを飛ばす者の役割は、ある種の「啓蒙活動」でもあると思っています。

承認申請を取らなければならない事例

さて、200g以上のドローンは基本、飛行禁止ということをお伝えしました。

実は飛ばす場所だけでなく、運用の仕方に関しても規制があります。

●物体の投下
●毒物などの危険物の輸送
●目視外飛行
●夜間飛行
●イベントなどの人が集まる場所での飛行
●人・物から30m以上の距離を確保できない飛行

 

国土交通省HPより引用

これらに当てはまる飛行のさせ方をする場合は、必ず承認申請を撮る必要があります。

例えば、こんな事例ですね。

●農薬散布(物体の投下・毒物の輸送)
●お祭りの空撮(イベント〜飛行)
●建物の裏側を飛ばすためドローンが目視できない(目視外飛行)
●朝焼けや夕焼けを撮りたい(日の出前、日没後の時間も含まれるため)

目視外飛行と夜間飛行

航空法の承認申請において、目視外飛行と夜間飛行は必ず、ある程度の飛行経験が求められます。

例え、50時間の飛行経験があっても、目視外経験ゼロ、あるいは夜間飛行経験ゼロの場合、目視外飛行と夜間飛行の承認はおりません。

私の場合、目視外飛行の承認を取りましたが、2時間の飛行実績で取得できました。練習した場所は屋内です。そもそも屋外での目視外は認められていないので、屋外では練習はできません。

言葉を変えれば、室内ならなんでもありです。人口密集地であろうが、空港の近く、目視外、暗いところの飛行。なんでもOKです。

なので、目視外及び夜間の練習は屋内の練習場所を見つけて練習あるのみです。

航空法での承認は免罪符ではない

航空法の承認は、あくまでも冒頭で述べたように「基本、飛行禁止」の特別許可運用として限定した飛行に対して承認する形です。

また、言葉を変えるならドローンを飛ばして良いという法律も存在しません。

どういうことかというと、以下のような事例は「基本、飛行禁止」なんです。

●第三者の私有地
●河川上空
●道路上空
●国有林

これらは一例ですが、全て航空法下で飛ばして良い場所でも、それぞれの管理者と関連法律上の許可を取らなければなりません。

例え、人口密集地でなく誰もいない場所であってもです。

全ての土地には、所有者や管理者が存在するワケですから、飛ばすためには原則許可がいるということです。

聞いたら「やぶ蛇」になる? そうではありません。飛ばして良い場所を理解して飛ばすことが大切であって、考えようによってはきっちりした手順をふみ、許可を取れば、堂々と飛ばせるワケです。

確かに一手間、ふた手間かかるのは間違いありませんが、思う存分飛ばしたり、撮影したりできます。もちろん、安全には十分配慮するとともに事故防止にはできることを全て行うのは大前提ですよ!

かくいう私も、ある河川の上空を飛行させる可能性があるので、河川使用届書を提出し、飛行する日時が決まったら連絡することになっています。

また、航空法の承認を取ったからといって、上記の場所で「許可を取らなくて良い」とはならないワケです。

承認申請での注意点

無人航空機の飛行に係る許可・承認書を取得するためには、電子申請と郵送での申請があります。

私はいつも電子申請で、そのためにeGOVに登録し、申請を行っています。

そのためには、必要条件があります。

ブラウザが必ずIE指定です。しかもJavaが最新である必要があります。

Chromeで最初、申請を始めたら、ボタンをクリックしても反応せずでした。

また、書類を添付するのがわかりにくく、最初の申請の時はちょっと苦労しました。。

ですが、今まで5回ほど申請をしたので、すっかり慣れました(笑)。

注意点はそれぐらいでしょうかね。。

まとめ

10時間の飛行をし、航空法上の承認を取り、飛行する場所に応じた関連法律上の許可を取ってドローンを飛ばす。

これが原則です。

また、そのスタート地点が承認申請。

ここを通らなければ何も始まりません。

ですから、飛ばせそうな場所の管理者から、きっちり許可を取り練習をする。これが大切です。

それが難しいなら、

●室内の練習場所を探す
●ドローンの飛行場で練習する
●スクールを受講する などお金や犠牲を払う方法もあります。

会社の仕事としてドローンを使う場合、個人として生業とする場合。いずれにしても、承認申請をとる。ここがファーストステップです。

実際、許可は面倒だったりしますし、実績がないと飛ばせない、説得できないということであれば、スクール受講は近道かもしれません。

かくいう、Sky Edgeでは、「とにかく10時間飛ばしたい。できれば上手い人から教わりながら」という方のための合宿も開催予定です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です