「ドローンの楽しさ・便利さを全ての人に」
Sky Edge株式会社
10:00~18:00(月〜金)

仲間と楽しくセルフィーだってドローンで空から!

ドローンでセルフィーを空撮できる時代が!?

自然なセルフィー写真を空から撮りたい! なんて思いませんか!?
スマホの進化によってSNSではセルフィー写真をよく見かけますよね。

自撮り棒は日本人だけでなく、外国人観光客にも人気です。
そんな中、技術の進化。

ついにドローンで空からセルフィー撮影ができる時代になりました!
空からの自然なセルフィー写真で、SNSでも話題となる写真を撮ってみませんか?
そこで、話題のセルフィードローンをご紹介します

時代の申し子、史上初セルフィードローンDJI Mavic Pro

%e6%8a%98%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%bf%ef%bc%92

世界のドローン業界、トップメーカーDJIが満を持して、市場投入してきたのがMavic Pro。
プロドローンパイロットも使っているDJIの最新ドローンMavic Proはセルフィー写真を空から撮影できるんです。

creative-4-df29efe4ee27c7ec86f69009c4e92564

折りたたみ式で、たたむと500mlペットボトルとほぼ同サイズ。
重さも700g強と、従来のDJIファントムシリーズと比べると圧倒的に軽いです。
いままで、旅先にファントムを持っていって空撮を楽しんでいた方は

このMavic Pro。

気になるんではないでしょうか?
ファントム4に勝るとも劣らない飛行性能に加え、
話題のセルフィー写真も撮影可能。

fun-2-46e6cd9f10dfa12897a10eebbd8ce1fb

そして、なんといっても、持ち運びは圧倒的に楽になりますからね。
価格帯も標準セットで119,800円でオールインワンパッケージで
飛行を楽しむ、空撮を楽しむというニーズを、すべて満たしてくれます。

もちろん、3-5万程度のドローンとくらべても、
カメラスペック、飛行性能ともに比較にならないほど優れています。

DJIのコンセプトは「フライングカメラ」ですから!
スマホと本体だけで空撮も飛行も可能なのも魅力ですね!

fun-1-large-b843657d84b34fdaa41f927ddf0d54b5

ただし、重量が200g以上なので、
住宅密集地では基本、飛ばせないのでご注意を!

小型セルフィードローン「DOBBY」

本体重量199g(プロペラガードなし)なので、
どこでも飛ばして、空撮ができます!

ただし、セット付属のプロペラガードをつけると
200gを超えてしまうので、
Mavic Pro同様、どこでもというわけにはいかなくなりますのでご注意を!
(この件については法律条文を見るとプロペラガードはグレーゾーンなので
付けていても大丈夫ではないかと思います)

さて、この「Dobby」。
こいつも、なかなかですよ。

・4Kカメラ
・9分飛行
・スマホで操作できる!
・セルフィー撮影ができる
・フォローミー機能あり!

など、これまである程度の金額を出さなければついていなかった機能が満載です。
基本セットが 50,741円

予備バッテリーや予備プロペラがセットなった
デラックスモデルが 59,074円となっています!

商品詳細はこちらから↓
http://pr.kmcpr.co.jp/e/213552/by——————–0913-pdf/2m91/1170752

まとめ

ドローンの進化のひとつの形は、空撮を極めること。
そういう意味でも、セルフィーはあったら嬉しい機能ですよね。

DJI Mavic Proの紹介映像で、
ジェスチャー機能を使ったセルフィー動画が見られます。

もともとはライブストリーム配信紹介のビデオです。

飛行安定度も飛躍的に向上しているので、
まさに、フライングカメラとして活用できる時代がきましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です