「ドローンの楽しさ・便利さを全ての人に」
Sky Edge株式会社
10:00~18:00(月〜金)

最新ドローンの空撮を美しく、そして楽しく出来る3つの最新機能

本格空撮ドローンを販売するDJI。

いま、そのドローンでどんな空撮ができるのか!?

搭載された機能を紹介します。

最新ドローンはどんなことができて、どんな性能を持っているのか!? 空撮の楽しさを感じていただけると思います!

ドローンの空撮を美しく、楽しくする機能がこれ!

DJIを始めとする空撮を目的としたドローンの技術は、ここ数年で飛躍的に向上しています。

そして、搭載されているカメラはもちろん、飛行をマネジメントするシステムの進化が著しく、安心して空撮に集中できるようになってきました。

その中でも代表的なファントムシリーズの機能を元に、ドローンの空撮について考えてみたいと思います。

キーと言えるウェポンがIMUユニット。

これがドローンの五感と言えるでしょう。

これは慣性測定ユニットと呼ばれ、いわゆるジャイロとGセンサーを搭載しており、傾斜や動きに合わせて、飛行が安定させるための情報をメインコントローラーに流します。

モーター制御はご存知ESC。

こいつが、安定したフライトを神経とも言えるでしょうか。

入ってきた情報を元に、フライトを支えるモーターに指示を出す。やはり人間で言えば神経に例えられるのではないでしょうか。

総合制御はメインコントローラーが担っている

すなわちドローンの頭脳がフライヤーからの指示をESCの制御によって、ドローンの飛行をマネジメントします。

この3種の神器ともいえる最新技術がドローンの空撮を支えているのです。

この最新技術を使ってどんな飛行&空撮が出来るのか?

DJIファントム3の事例を使って説明しましょう。

こんなに賢い、最新の撮影モード

1 フォローミー機能

文字そのままの機能です。あなたをどこまでも追いかけます。バッテリーが続く限り(笑)。

p3standerd-6

2 ポイントオブインタレスト

指定した対象物の周りを旋回しながら撮影します!
楽しいシーンを空の目から見たら、どう映るのか?

例えば、湖に漕ぎだしたボートの上空を旋回しながら撮影するなんていう技も可能になります。

まさに空飛ぶカメラに他なりません!

p3standerd-4

3 ウェイポイント

あらかじめ設定した飛行ルートをフライトしながら、空撮可能です。

p3standerd-10

カメラマンはFPVモニタを見ながら、飛行はファントムにまかせて、撮影に集中できます!

phantom3pro-201549-hp-10

DJIならではのビジョンポジショニング機能がすごい

ファントム4-6

ファントム3アドバンス、ファントム3プロフェッショナル、ファントム4は、超音波を下方向に向けるビジョンポジショニング機能により、自動離陸、自動着陸機能が搭載されており、高精度のホバリング性能とあいまって、室内でのフライトでも不安はかなり軽減されています。

ファントム4はセンサーが改良されており、ホバリングの精度が飛躍的に向上しています。

ファントム3アドバンス&プロフェッショナルホバリング精度

垂直:+/- 0.1 m (ビジョンポジショニングがアクティブの場合) または +/- 0.5 m
水平:+/- 1.5 m

ファントム4ホバリング精度

垂直:
+/- 0.1 m (ビジョンポジショニングがアクティブの場合) または +/-0.5 m
水平:
+/- 0.3 m(ビジョンポジショニングがアクティブの場合) または +/-1.5 m
障害物検知システム

この数値を見ると水平方向の精度が飛躍的に上がっているのがわかります。

ちなみに、ファントム3スタンダードには、このビジョンポジショニング機能が搭載されていないため、ホバリングは上位機種に比べると安定性が低いの注意が必要です。

わたしが持っているファントム3スタンダードで試してみましたが、危なかったです(笑)
室内でファントム3スタンダードを飛ばすのはやめましょう(笑)

まとめ

これらの機能からわかることは、DJIはラジコンとして操縦する楽しみの他に、
空撮をするために、飛行についてのあらゆる制御を行うという、飽くなきこだわりをDJIは持っているということです。

それが、ある意味最新のドローンと言えるかもしれませんね。
他社製品もカンタンなフライトを目指して商品開発をしているように思えます。

とはいえ、もちろん、操縦する楽しみもありますよ。

特にファントム4のスポーツモードはかなりエキサイティングです。

ファントム4-11

レース用ドローン顔負けのパフォーマンスを見せるだけでなく、しっかり安定性をキープするあたりは自作ドローンでは出来ないこと。

価格もそれなりですが、操る楽しさと空撮ドローンとしての性能は超一流です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です